依頼前には費用を把握しておこう【債務整理を弁護士にお願いする】

借金返済が苦しい時

男性

法律の力を使う

カードローンやクレジットカードを利用していて返済途中に、転職などで収入が減った、急な出費が重なってしまったなどの理由で返済が困難になってしまうことがあります。返済が困難になった場合どんな方法があるでしょうか、一番いいのはおまとめローンや借り換えローンで一本化することです。注意しなければならない点は、おまとめローンを利用しても金利が下がらなかったら意味がないです。また、金利は下がって月々の返済額は少なくなっても返済期間が長ければトータルで返済総額が多くなることもあります。親や友人に借りる方法もありますが、関係が悪くなってしまう、そもそも借金のことを話すには勇気がいる、額によっては贈与税がかかることがあります。ここまでの方法は、借金の額が減るわけではなく逆に増えてしまうこともあります。そこで債務整理です。法律の力を使って借金を見直すことができます。債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産の3つの方法があります。任意整理は債権者に対して利息のカットや借金減額の交渉をする手続きです。費用は1社につき2万円〜5万円の着手金と減額報酬が10%程かかります。個人再生は裁判所を介して3年〜5年で完済できるように借金を圧縮する債務整理です。費用は40万円〜60万円です。自己破産は、裁判所を通じて借金を全額免除してもらう債務整理です。費用は60万円〜80万円程の費用がかかります。どの方法がよいかは、借金の額、収入、財産の畳用などによって異なりますので専門家の判断を仰ぎます。

Copyright© 2018 依頼前には費用を把握しておこう【債務整理を弁護士にお願いする】 All Rights Reserved.