依頼前には費用を把握しておこう【債務整理を弁護士にお願いする】

料金を抑える方法

説明

法テラスの補助制度利用

借金問題を抱えているが、弁護士などの法律の専門界に債務整理を依頼すると費用はいくらかかるのか、大変気になるところです。債務整理を検討しているということは、現在借金返済に行き詰っている方です。借金返済に行き詰っている人は、お金が無い方が多いです。そういったお金がない状況なのに、お金をかけてまで債務整理をする意味はあるのかと、費用面を心配されて躊躇してしまう方もいるのです。しかし、費用がかかるならと何もせずにそのまま放置していると、いつまでたっても借金問題は解決せずに生活再建させるのは遠のいてしまいます。そういった方のために法テラスの民事法律扶助制度があります。民事法律扶助制度は、公的な制度であり、この制度を利用すると弁護士または司法書士費用を立て替えてもらうことができます。そのためお金が無い方でも債務整理の手続きをすることがます。この制度を利用するのと利用しないのとでは、トータルでかかる費用に大幅な差が出ます。また、この制度を使わずに弁護士に任意整理をすると減額報酬が発生するのが一般的ですが、民事法律扶助制度を利用すると減額報酬は発生せずに着手金と実費だけの費用になります。それでは、誰でも法テラスの制度を利用できるのかとなると条件があり、所得と試算が一定基準以下であることが条件となります。法テラスに無料相談に行くことで弁護士を紹介してもらうことができますが、注意しなければならないのは紹介される弁護士が必ずしも債務整理に詳しいとは限らないことです。自分で弁護士を見つけて、その法律事務所が法テラスの制度を利用できるか確認してからということもできます。

Copyright© 2018 依頼前には費用を把握しておこう【債務整理を弁護士にお願いする】 All Rights Reserved.