依頼前には費用を把握しておこう【債務整理を弁護士にお願いする】

男性

弁護士料金が不安

借金の返済を何ヶ月も延滞していて利息が膨らんでしまい、返済をするのが到底困難な方、解決方法としては債務整理があります。しかし、債務整理をするにも費用がかかりますが、費用が不安な方でも分割払いや後払い、法テラスの制度を利用するなどの方法があります。

説明

料金を抑える方法

借金問題に悩んでいて、債務整理の相談をしたいが弁護士費用が気になるため相談を躊躇してしまう、それでは生活再建をする日が遠のいてしまうだけです。お金が手元にあまり無い方でも法テラスの制度を利用すれば、費用を立て替えてもらうことができます。

電卓

借金で行き詰っている方へ

借金問題で悩んでいるのであれば、債務整理の実績が豊富な弁護士に相談をしてみるのがよいといえます。債務整理にあたっては一定の費用もかかりますが、弁護士への報酬に関しては分割払いの相談に応じてくれるケースもありますので、まずは一度相談だけでもしてみることをお勧めします。

本

借金問題の解決策

借金問題で行き詰っているのであれば、債務整理の実績が豊富な弁護士に相談をしてみることをお勧めします。弁護士への相談費用などが心配であれば、まずは自治体などが実施している無料法律相談を利用してみるのもよいといえます。

男性

借金返済が苦しい時

借金返済が苦しい時は、親から借りる、おまとめローンなどを利用する方法がありますが、借金が減るわけではないです。債務整理をすれば費用がかかりますが、借金の減額や利息のカット、借金を全額免除してもらう手続きもあります。

5年での返済が困難

ジャッジガベル

自己破産を選択

借金返済が大幅に何ヶ月も延滞している、支払わなければならないことは分かっているが、利息が膨らみに膨らんでしまい元金以上になってしまっている、こうなると契約通りの返済をすることは困難な状態となっているので、弁護士に相談をして債務整理をする選択しかなくなります。債務整理を弁護士にお願いするには費用がかかりますが、任意整理や個人再生をして減額できることを考えれば弁護士費用を含めても効果は大きいです。任意整理や個人再生は、減額後の借金を原則3年長くても5年以内で返済ができるように計画を立てていきます。ところが、債務額が大きすぎて5年以内での完済が困難であるとなった場合、自己破産を検討しなければならなくなります。自己破産とは、債務を全額支払い免除してもらう手続きです。破産申し立てを行い、支払不能と認められ免責となれば借金は帳消しになるのです。借金の返済をしなくていい点は大きなメリットですが、住宅や車を保有している場合は処分しなければなりませんし、信用情報には破産した事実が5年〜10年登録、官報にも氏名が掲載され、職業制限などのデメリットもあります。デメリットについてもよく理解しておくことです。また、自己破産をする際の費用ですが、弁護士費用だけでなく裁判所費用もかかります。自己破産の費用相場ですが、40万円〜60万円程度かかります。債務整理の中でも高額な費用ではありますが、数百万円ある借金がこの費用で免責になることになります。

Copyright© 2018 依頼前には費用を把握しておこう【債務整理を弁護士にお願いする】 All Rights Reserved.